土地評価の方式について

不動産の評価について

土地の売買をする際に、様々な計算方法がありますが、積算法についての説明をします。 まず、建物には対応年数が決められています。 木造であれば、25年、軽量鉄骨であれば、30年、と様々です。 基本的な土地の金額は、公示されているので参考にすると解りやすいです。

この基準の金額の85~65%くらいの金額であれば、適正価格と言われています。 この金額を大きく超える場合には、調整をすることをお奨めします。 また、自分でするのは意味が解らなく、不安と言う場合には、不動産評価をしてもらうといいと思います。
正常価格と言うものがあり、市場を有する不動産について、市場価値を考えた適正価格の事を言います。バカみたいな高い金額では無く、ごく一般的な金額の事をさします。

次は、限定価格です。 市場が限定されている状態での販売価格です。たとえば隣の土地を購入して敷地を広げる場合に利用をします。 こういった特定の人を対象にした金額を限定価格と言います

最後は特定価格です。会社の更生をするための価格の評価や、宗教建築など、一般的な取引がされることが無いような場合の金額の決め方です。 早期に売却をしたい場合や、処分をしたい場合にこの評価の方法を決めます。 一般的な評価の価格をチェックする方法の他に、様々な価格を決める方法があります。やはり専門家に確認をした方が間違いの無い価格で売買が出来ますので、確認をしてみてください。